処方せんなしで手に出来る海外医薬品

病院で薬を出してもらう時は医師の処方箋が必要で、その後薬剤師による説明を受ける必要もあります。
長年同じ薬を飲み続けている人の場合、その薬について良く理解していたとしても、国内の調剤薬局に直接行って、「いつもの頂戴」なんて言う感じで薬を買う事は出来ません。
個人の判断で買う事が出来るのは市販薬のみです。
しかしそれはあくまでも国内に限った話であり、海外医薬品に関しては処方箋がなくても買うことができます。
しかもそこで手に入れる事が出来る薬は国内であれば医師の処方箋が必要だったり、中にはまだ日本では未認可の薬も含まれています。
「医薬品=処方箋が必要」と思っている人にとっては、かなり不思議に感じる事でしょう。
ではどうして海外医薬品に関しては、処方箋が不要なのでしょうか。
国内で病院と同じ薬、もしくは未認可の薬を購入する事はなかなかできません。
しかし海外医薬品に関しては、個人輸入という形を取ります。
ここでポイントとなってくることは、あくまでもその薬を手に入れようとしている人が「個人」であるという事です。
薬に関して定めている法律が薬事法なのですが、この法律では個人使用であれば輸入を認めるという風に定められています。
勿論、あくまでも個人での使用に限り、沢山買って家族で分け合って使うとか、ほかの人の分も一緒に買ってあげるという事は出来ません。
また、一度に買える量なども有るので、その範囲内で買う様にしましょう。
ただ、海外医薬品の輸入は確かに処方箋は必要ありません。
しかしそれは実は、その責任の所在が自分にあるという事にもつながって行きます。
もし薬を服用して調子が悪くなってしまった、強い副作用を感じてしまったとしても、それはあくまでも自己責任となるわけです。
病院の場合はその人の体質とか、既に飲んでいる薬等に合わせて薬を処方してもらえますが、個人輸入の場合はそういう事は関係なしで手に入れる事が出来ます。
従って、調子が悪くなった、なんか不安だという時は医師・薬剤師に相談する様にしましょう。
現在、海外医薬品は手軽にインターネットを使って個人輸入する事が出来ます。
またそれを代行してもらえるサイトがあるので、そこを利用すれば一般的な通販と同じ様な感じで薬を買う事も可能です。
ただ処方箋は必要ないので、あくまでも自己責任だという事を頭に置いて、利用する業者は正規品を取り扱っているところにしましょう。
そうする事で、安心して海外医薬品を使うことができるようになっていきます。