淋病に対する効果

淋病は男女ともに感染するリスクがある性病で、セックス等により淋菌が感染して発症します。
菌の感染から2日から1週間程度で、症状が現れます。
男性の場合は排尿時に痛みを感じたり、ペニスから白色や濃い黄色、緑色に近い膿が出るケースもあります。
これに対して女性の場合、おりものの量が増えたり、稀に白濁した悪臭の強いおりものが出ますが、痛み等が伴わないことがほとんどで気づきにくい特徴があります。
また、オーラルセックスを通じて感染した場合には、咽頭の痛みを感じることがありますが、これも風邪等の症状と勘違いされ、淋病という自覚症状がない方が多くなります。
淋病の治療薬として、ジスロマックという飲み薬があります。
淋菌に限らず、クラミジアなどの性病の菌のほか、一部のインフルエンザ菌やマイコプラズマ肺炎菌をはじめ、歯周病菌など様々な菌への抗菌作用が認められています。
そのため、性病に限らず、皮膚科や耳鼻咽喉科、歯科、内科等の様々な分野で抗菌薬として処方されているお薬です。
ジスロマックには、菌の蛋白合成を阻害する効果があり、これにより菌の増殖を抑えて不活性化し、症状を緩和していきます。
ジスロマックは抗菌作用が長く持続するため、1日1回の服用でかまいません。
そのため、飲み忘れなどの心配が少なく、服用しやすい特徴があります。
菌に対する殺菌効果は高いですが、他の細胞や良性の菌に対して攻撃を加えることがないため、副作用も少ないのが利点です。